Laboratory

Meeting

2007

サプリメントのタイミングとレジスタンス運動が筋肥大に及ぼす影響

PJ Cribb and A Hayes.  Med Sci Sports Exerc 38: 1918-25, 2006. 2007年12月19日 岡村浩嗣


虚偽情報とともに運動能力増強物質を投与した場合のポジティブあるいはネガティブな思い込み効果

C. J. Beedie et al. Int J Sport Nutr Exerc Metab 2007, 17: 259-269 2007年12月12日 大学院博士前期課程1年  井上なぎさ


システイン供給物の補給が筋肉機能に及ぼす影響

L. C. LANDS et al. J Appl Physiol 1999;87:1381-1385 2007年12月5日 大学院博士前期課程1年 廣田あゆみ


ラットの肝臓と骨格筋におけるグリコーゲン及びグルコースと脂質の代謝産物の日内変動に対する酢酸摂取の影響

T Fushimi et al. Br J Nutr (2005), 94, 714-719 2007年10月31日 大学院博士前期課程1年 家治慶子


運動と飲料摂取が唾液の分泌とpHに及ぼす影響

CM. Horswill, et al. Int J Sports Med 2006, 27, 500- 504 2007年10月30日 大学院博士前期課程1年 岡田佐知子


低炭水化物・高たんぱく質食はラットにおいて血糖コントロールを安定させ、脂肪組織でのグルコースの処理を最小限に抑える

JI Baum et al.  J. Nutr. 136: 1855-1861, 2006 2007年10月10日 大学院博士前期課程2年 近藤衣美

 

水分摂取にとって好条件にも関わらず起きる自発的脱水

Passe D et al. Int J Sport Nutr Exerc Metab 17: 284-295, 2007 2007年9月26日 教務助手 池田香代


ウエイトリフティング初心者の青年男性では、レジスタンス運動後に大豆または糖質を摂取するよりも無脂肪乳を摂取した方が除脂肪組織の増大をより大きく促進する

Hartman JW et al.  Am J Clin Nutr 2007; 86: 373 – 81. 2007年 9月19日 大学院博士後期課程二年 田井伸二 


喫煙は筋たんぱく質合成に悪影響を及ぼし筋肉のミオスタチンとMAFbxの発現を高める

Petersen AMW et al. Am J Physiol Endocrinol Metab 293: E843-8, 2007. 2007年9月12日 岡村浩嗣


思春期少年サッカー選手のタンパク質必要量

N. Boisseau et al. Eur J Appl Physiol (2007) 100:27-33 2007年9月5日 大学院博士前期課程1年 井上なぎさ


カゼイン及び総乳タンパク質と比較して、可溶性乳タンパク質の消化はタンパク同化のための食後アミノ酸必要量を維持するには速すぎる

M Lacroix et al. Am J Clin Nutr 2006;84:1070-9 2007年8月28日 大学院博士前期課程1年 廣田あゆみ


ヒトの皮膚と骨格筋に対する冷却の影響

O Yanagisawa et al. Eur J Appl Physiol 2007;100:737-745 2007年8月23日 大学院博士前期課程1年 家治慶子


老化はタンパク質を豊富に含む食品に対する同化反応を損なわない

Symons TB et al. Am J Clin Nutr 2007 ; 86 : 451-6 2007年8月8日 大学院博士前期課程2年 近藤衣美


思春期前と思春期早期の男子における運動前の糖質摂取と無酸素運動の繰り返し

AD Marjerrison et al. Int J Sport Nutr Exerc Metab 2007, 17, 140-151 2007年7月25日 大学院博士前期課程1年 岡田佐知子


糖質摂取は断続的な運動時と回復時の自覚的運動強度を減ずる

AC Utter et al. Med. Sci. Sports Exerc. 39: 880-885, 2007 2007年7月18日 教務助手 池田香代


高齢者の肉摂取後の全身たんぱく質代謝は咀嚼能力によって影響される

Remond D et al. Am J Clin Nutr 2007; 85: 1286 – 92. 2007年 7月11日 大学院博士後期課程二年 田井伸二


肝臓のグリコーゲン新生:高たんぱく質食を摂取したラットでの過剰のアミノ酸の処理経路か?

Azzout-Marniche D et al. Am J Physiol Integr Comp Physiol 292: R1400-R140, 2007. 2007年7月4日 岡村浩嗣


高齢者におけるレジスタンストレーニング前後のタンパク質の追加摂取

Candow DG et al. Eur J Appl Physiol 97:548-556, 2006. 2007年6月27日 大学院博士前期課程1年 井上なぎさ


食餌中のホエープロテインは運動トレーニングしたラットの肝臓と骨格筋のグリコーゲンレベルを高める

M Morifuji et al. Br J Nutr 2005; 93: 439-445 2007年6月20日 大学院博士前期課程1年 廣田あゆみ


冷水中における運動直後のカロリー摂取の増大

LJ White et al. Int J Sport Nutr Metab 2005;14:38-47 2007年6月13日 大学院博士前期課程1年 家治慶子


レジスタンス運動後スキムミルクを摂取することは、等窒素量、等エネルギーの大豆タンパク質飲料を摂取するよりも筋タンパク質の増大を促進する

SB Wilkinson et al. Am J Clin Nutr 2007; 85: 1031-40 2007年6月6日 大学院博士前期課程二年 近藤衣美


チームスポーツにおけるトレーニング中及び試合中の体重変化と自発的水分補給

EM Broad et al. Int J Sport Nutr, 1996, 6, 307-320 2007年5月23日 大学院博士前期課程1年 岡田佐知子


エネルギー飲料の味や意識性が嗜好および体水分バランスへ及ぼす影響

MR Minehan et al. Int J Sport Nutr Exerc Metab 12: 81-92, 2002 2007年5月16日 教務助手 池田香代


レジスタンストレーニングと食事のタンパク質: 高齢者の骨格筋のインスリンシグナルタンパク質量と耐糖能への影響 

HB Iglay et al.  Am J Clin Nutr 2007; 85: 1005-13. 2007年 4月18日 大学院博士後期課程一年 田井伸二


レジスタンストレーニングは非鍛練者の絶食時と摂食時のロイシン代謝回転を低下させ摂取した窒素の体内貯留を高める

Moore DR et al. J Nutr 137: 985-991, 2007. 2007年4月11日 岡村浩嗣


10週間のレジスタンストレーニング中のタンパク質やアミノ酸のサプリメント摂取がパフォーマンスやトレーニングへの適応に及ぼす影響

CM. Kerksick et al. J Strength Conditioning Res, 2006, 20, 643653 2007年4月3日 大学院博士前期課程二年 近藤衣美


糖質摂取がハーフマラソンのパフォーマンスに及ぼす影響

LM Burke et al. Int J Sport Nutr Exerc Metab 15: 573-589, 2005 2007年3月27日 教務助手 池田香代


運動パフォーマンスにおけるマルトース配合スポーツドリンクの影響

CA Anastasious et al. Int J Sport Nutr Exerc Metab, 2004, 14, 609-625 2007年3月20日 健康スポーツ科学コース203-2311 岡田佐知子


摂取エネルギー制限による減量で下肢筋量、筋力、有酸素能力が減少するが運動による減量では減少しない

EP Weiless et al. J Appl Physiol 102: 634 – 640, 2007 2007年3月13日 大学院博士後期課程一年 田井伸二 


ヒトの脂肪組織の血流と脂肪分解は、脂肪組織が接する筋肉の収縮によって影響を受けるか?

Stalknecht B et al. Am J Physiol Endocrinol Metab 292: E394-E399, 2007.2007年3月6日 岡村浩嗣