学会発表

Presentations

 
  1. 1.The body composition changes and energy requirements for body weight gain in rats. Inoue H, Maeda M, Kondo E, Okumura Y, Miyazaki S, Okamura K. Experimental Biology 2017 (Chicago, April 22-26)

  2. 2.Effect of rapid or slow weight reduction on the body composition and body energy loss in rats Maeda M, Kondo E, Inoue H, Okamura K. Experimental Biology 2017

  3. 3.Sports Nutrition Knowledge Among Japanese Coaches. Miyazaki S, Okumura Y, Okamura K. Experimental Biology 2017 (Chicago, April 22-26)

  4. 4.Athletes’ Attitude on Foods as Snacks. Okumura Y, Miyazaki S, Okamura K, Ishihara K, Yokota Y, Matsumoto M. Experimental Biology 2017 (Chicago, April 22-26)

  5. 5. スーパー食育スクール事業と地域タレント発掘・育成事業における食育の効果についての検討 村上知子、柳沢香絵、近藤衣美 奥村友香、藤井嵩子、岡村浩嗣 日本スポーツ栄養学会第3回大会 2016年7月3日(日)

  6. 6.重増加速度が成長期ラットの除脂肪組織および脂肪組織の増加に及ぼす影響 田井勇毅、長谷川尋之、近藤衣美、前田めぐみ、岡村浩嗣 日本スポーツ栄養学会第3回大会 2016年7月3日(日)

  7. 7.Body composition by air displacement plethysmography after acute weight loss and recovery in wrestlers. E Kondo, K Shiose, K Motonaga, T Osawa, H Sagayama, Y Yamada, K Nakajima, A Kamei, K Okamura, H Takahashi. American College of Sports Medicine 63rd Annual Meeting, June 2016, Boston, U.S.A.

  8. 8.成長期のラットの除脂肪組織と脂肪組織の増加に及ぼす体重増加速度の影響 田井勇毅、長谷川尋之、近藤衣美、前田めぐみ、岡村浩嗣 第71回 日本栄養・食糧学会 2016年5月・武庫川女子大学 13:52-14:04

  9. 9.スポーツ栄養学研究会「鉄栄養と運動・スポーツ」講師 松本恵(日本大)、藤井嵩子(順天堂大学・大阪体育大) 2016年5月14日(土) 71回 日本栄養・食糧学会 関連学術集会・ 武庫川女子大学

  10. 10.Energy balance and fat and fat-free mass changes during rapid weight loss program. E Kondo, K Shiose, H Sagayama, Y Yamada, T Osawa, K Motonaga, S Ouchi, A Kame, K Nakajima, Y Higaki, H Tanaka, H Takahashi. 13th International Congress on Obesity. April 2016. Vancouver, Canada. 

  11. 11.Increases in the Lean and Adipose Tissues Are Not Influenced by the Speed of Body Weight Gain in Growing Rats. K Okamura, Y Tai, E Kondo, M Maeda, Hasegawa. Experimental Biology 2016 2016年4月2〜6日 San Diego

  12. 12.成長期のラットのエネルギー消費量と除脂肪組織および脂肪組織として蓄積するエネルギーの関係 田井勇毅、前田めぐみ、岡村浩嗣 ライフケア学会 2016年11月1日(日)愛知学院大学名城公園キャンパス

  13. 13.レスリング選手の急速減量と回復食による筋グリコーゲン濃度の変化 近藤衣美、塩瀬圭佑、大澤拓也、元永恵子、大内志織、亀井明子、中嶋耕平、西口茂樹、和田貴広、高橋英幸 70回日本体力医学会大会・和歌山

  14. 14.運動時の糖質摂取量の違いが長時間・間欠的運動パフォーマンスおよびグリコーゲンに及ぼす影響 大澤拓也、 近藤衣美、 高橋英幸 70回日本体力医学会大会・和歌山 

  15. 15.シンポジウム10「スポーツと食育~運動能力と健康に対する役割」 村上知子成長期・ジュニア期のスポーツと食育」柳沢香絵成人・指導者・保護者のスポーツと食育」岡村浩嗣運動と栄養・体力と健康」 第70回日本体力医学会大会・和歌山 2015年9月18日(金)

  16. 16.日本栄養・食糧学会 関連学術集会「スポーツ栄養学研究会」(1)「太っていることと体力と健康」岡村浩嗣(大阪体育大学)(2)「トップアスリートのスポーツ栄養学」田口素子(早稲田大学)2015年5月15日(金) 18:00~20:00 横浜

  17. 17.Low cardiorespiratory fitness may be related to a higher risk of metabolic syndrome in non-obese adult Japanese females. K. Okamura, J. Dojo, M. Nagano, T. Matsumoto, Y. Matsumoto. 日本栄養・食糧学会 2015年5月14(木)〜18日(月) 横浜

  18. 18.Climbing exercise training does not improve insulin resistance in high-fat diet-induced obese rats. M. Maeda, T. Fujii, Y. Tai, K. Okamura. Experimental Biology 2015 Boston

  19. 19.Hydration Status and Voluntary Fluid Intake in College-Age Gymnasts Training in a Hot Environment. H. Hasegawa, T. Fujihara, M. Mukumoto, H. Tawara, K. Okamura. Experimental Biology 2015 Boston

  20. 20.Relationship between expended energy and stored energy as lean and adipose tissues in growing rats. Y.Tai, T. Fujii, M. Maeda, K. Okamura. Experimental Biology 2015 Boston

  21. 21.除脂肪組織率とメタボリック症候群の診断基準項目の検査値との関係 前田めぐみ、銅城順子、松元隆秀、長野政康、松元義人、岡村浩嗣 ライフケア学会 新川崎・創造のもりK2ハウス 2104年

  22. 22.「地域タレント発掘・育成事業におけるスポーツ栄養サポートの取組」 松井陽子、吉岡美子、近藤衣美、岡村浩嗣  第69回日本体力医学会大会シンポジウム 長崎大学文教キャンパス 2014年

  23. 23.メタボリック症候群の診断基準項目と体力要因(1)体格指数と最大酸素摂取量 銅城順子、岡村浩嗣、長野政康、松元隆秀、松元義人 69回日本体力医学会大会 長崎大学文教キャンパス 2014年

  24. 24.メタボリック症候群の診断基準項目と体力要因(2)体格指数と除脂肪組織率 岡村浩嗣、銅城順子、松元隆秀、長野政康、松元義人 69回日本体力医学会大会 長崎大学文教キャンパス 2014年

  25. 25.体育大学体操競技選手の冬期練習時の水分補給と体水分状態の実態 長谷川尋之、藤原敏行、椋本政信、田原宏晃、岡村浩嗣 第1回スポーツ栄養学会(早稲田大学 東京)2014年

  26. 26.アスリート向けレシピ集と一人暮らしの大学生の自炊に対する考え方 奥村友香、岡村浩嗣、小清水孝子、柳沢香絵、松元圭太郎 第1回スポーツ栄養学会(早稲田大学 東京)2014年

  27. 27.地域タレント発掘・育成事業の食育を受けたジュニアアスリートの食事に関する検討 柳沢香絵、近藤衣美、村上知子、奥村友香、藤井嵩子、岡村浩嗣 第1回スポーツ栄養学会(早稲田大学 東京)2014年

  28. 28.高たんぱく食と高脂肪食が運動によるラットの筋肥大に及ぼす影響 岡村浩嗣、松井智嗣、藤井嵩子、中島あゆみ、徐旻珺、園生智広、中井直也 第68回日本栄養・食糧学会(酪農学園大学 北海道 江別)

  29. 29.Resistance exercise improves the iron status without increasing the absorption in iron-deficient rats. Fujii T, Nakashima A, Tanaka C, Matsuo T, Okamura K. Experimental Biology 2014 San Diego

  30. 30.Resistance exercise decreases iron absorption without deteriorating the iron status in rats. Okamura K, Asai T, Kondo E, Okumura Y, Fujii T, Matsuo T. Experimental Biology 2014 San Diego

  31. 31.自炊とレシピ集に対する一人暮らしの学生の認識」奥村友香、岡村浩嗣、小清水孝子、柳沢香絵、松元圭太郎7回日本スポーツ栄養研究会学術集会(神奈川県立保健福祉大学 横須賀)2013年。

  32. 32.男子体操競技選手に対する栄養サポート〜ロンドンオリンピックまでの代表選手の体調管理。長谷川尋之、亀井明子、立花泰則。7回日本スポーツ栄養研究会学術集会(神奈川県立保健衛生大学 横須賀)2013年。

  33. 33.食事回数がラットの運動による筋肥大に及ぼす影響。田中千裕、藤井嵩子、中島あゆみ、徐旻珺、園生智広、岡村浩嗣日本栄養・食糧学会(名古屋大学)2013年。

  34. 34.運動後の食餌タイミングは鉄欠乏ラットにおけるレジスタンス運動の鉄栄養状態改善効果に影響しない。藤井嵩子、中島あゆみ、徐旻珺、園生智広、松尾達博、岡村浩嗣日本栄養・食糧学会(名古屋大学)2013年。

  35. 35.ラットの減量に必要なエネルギー負債は減量前の体脂肪量によって異なる。岡村浩嗣、中島あゆみ、藤井嵩子、徐旻珺、田中千裕、園生智広日本栄養・食糧学会(名古屋大学)2013年。

  36. 36.Post-exercise meal timing does not influence hemoglobin synthesis in iron deficient rats. Takako Fujii, Ayumi Nakashima, Minjun Xu, Tomohiro Sonou, Tatsuhiro Matsuo, Koji Okamura. Experimental Biology 2013 Boston

  37. 37.Effects of a high fat or a high carbohydrate diet and exercise on energy substrate utilization in rat brain. Minjun Xu, Tomohiro Sonou, Takako Fujii, Ayumi Nakashima, Chihiro Tanaka, Koji Okamura. Experimental Biology 2013 Boston

  38. 38.Increasing the meal frequency does not promote exercise- induced muscle hypertrophy in rats. Chihiro Tanaka, Takako Fujii, Ayumi Nakashima, Minjun Xu, Tomohiro Sonou, Koji Okamura. Experimental Biology 2013 Boston/

  39. 39.Energy debt for body weight reduction depends on the body fat before reduction in rats. Koji Okamura, Ayumi Nakashima, Takako Fujii, Minjun Xu, Chihiro Tanaka, Tomohiro Sonou. Experimental Biology 2013 Boston

  40. 40.特定保健用食品(トクホ)の効能を実感できない人がいる理由についての企業質問紙調査。岡村浩嗣、村上太郎、松元圭太郎、松尾達博、鈴木正成。ライフケア学会学術大会(愛知学院大学・名古屋)2012。

  41. 41.運動によるラットの筋肥大に及ぼす高たんぱく質食と高脂肪食の影響。岡村浩嗣、 松井智嗣、 藤井嵩子、中島あゆみ、徐旻珺、園生智広。日本体力医学会(岐阜)2012。

  42. 42.高脂肪食と高たんぱく質食がラットの運動による筋肥大に及ぼす影響。徐旻珺、松井智嗣、藤井嵩子、中島あゆみ、岡村浩嗣。日本スポーツ栄養研究会(岩手・盛岡)2012。

  43. 43.減量前の運動トレーニングが減量による体組成と体に蓄積されているエネルギーの変化に及ぼす影響。中島あゆみ、西島瑠里、岡村浩嗣。 日本栄養・食糧学会(東北大学 仙台)2012

  44. 44.レジスタンス運動後の食餌タイミングが鉄欠乏ラットの鉄栄養状態に及ぼす影響。藤井嵩子、松尾達博、岡村浩嗣 日本栄養・食糧学会(東北大学 仙台)2012

  45. 45.特定保健用食品の効能の科学的根拠と生活科学的根拠の乖離の背景(1)トクホ油脂食品ダイエットにみる女子大学生の科学的視点。村上太郎、松元圭太郎、岡村浩嗣、矢口友理、石原健吾、小野智子、藤井久雄、橋場直彦、鈴木正成。日本栄養・食糧学会(東北大学 仙台)2012

  46. 46.特定保健用食品の効能の科学的根拠と生活科学的根拠の乖離の背景(2)女子大学生におけるトクホ油脂の科学的根拠に対する認識。矢口友理、 村上太郎、松元圭太郎、岡村浩嗣、石原健吾、小野智子、藤井久雄、橋場直彦、鈴木正成。 日本栄養・食糧学会(東北大学 仙台)2012

  47. 47.特定保健用食品の効能の科学的根拠と生活科学的根拠の乖離の背景(3)トクホに対する患者と医師の誤解。澤村洋子、 鈴木正成。 日本栄養・食糧学会(東北大学 仙台)2012

  48. 48.特定保健用食品の効能の科学的根拠と生活科学的根拠の乖離の背景(4)トクホの効能が実感されない理由に関する企業質問紙調査。岡村浩嗣、 村上太郎、松元圭太郎、松尾達博、鈴木正成。 日本栄養・食糧学会(東北大学 仙台)2012

  49. 49.特定保健用食品の効能の科学的根拠と生活科学的根拠の乖離の背景(5)トクホは誰のためのものか〜消費者庁インタビューから。橋場直彦、 岡村浩嗣、 村上太郎、松元圭太郎、矢口友理、石原健吾、小野智子、藤井久雄、鈴木正成。 日本栄養・食糧学会(東北大学 仙台)2012

  50. 50.Smaller decreases in protein and greater decreases in fat may be associated with exercise training before body mass reduction. A Nakashima, R Nishijima, K Okamura. Experimental Biology 2012 San Diego

  51. 51.The effects of resistance exercise and post-exercise meal timing on the iron status in iron deficient rats. T Fujii, T Matsuo, K Okamura. Experimental Biology 2012 San Diego

  52. 52.高タンパク質食は鉄欠乏ラットにおけるレジスタンス運動の鉄栄養状態改善作用を高めない。藤井嵩子、松尾達博、岡村浩嗣。日本栄養・食糧学会(お茶の女子大学 東京)2011

  53. 53.運動後の高たんぱく質食はラットの運動による筋肥大を促進しない。松井智嗣、横田由香里、近藤衣美、岡村浩嗣。日本栄養・食糧学会(お茶の女子大学 東京)2011

  54. 54.特定保健用食品の科学的根拠と生活科学的根拠の乖離(3)- 大学生とその家族のトクホ利用実態にみる乖離の背景-。松元圭太郎、岡村浩嗣、橋場直彦、藤井久雄、 久保田浩史、 植田扶美子、 河合美香、 鈴木正成。日本栄養・食糧学会(お茶の女子大学 東京)2011

  55. 55.特定保健用食品の科学的根拠と生活科学的根拠の乖離(7)- トクホ許認可に対する信頼と効能非確認および効能情報の公正性と偏向性-。鈴木正成、松尾達博、松元圭太郎、岡村浩嗣、橋場直彦、藤井久雄、河合美香、久保田浩史、植田扶美子、澤村洋子、高橋久仁子、板倉ゆか子(特定保健用食品実態調査グループ)。日本栄養・食糧学会(お茶の女子大学 東京)2011

  56. 56.A high protein diet does not enhance the anemia mitigating effect of resistance exercise in rats. Fujii T, Asai T, Matsuo T, Okamura K. Experimental Biology 2011 Washington DC/

  57. 57.Nitrogen balance adapts to changes in habitual protein intake within a few days in Japanese male athletes. Yokota Y, Tatsuta W, Kamei A, Kondo E, Kawahara T, Okamura K. Experimental Biology 2011 Washington DC

  58. 58.Post-exercise ingestion of a high protein diet does not enhance exercise-induced skeletal muscle hypertrophy in rats. Matsui T, Yokota Y, Kondo E, Okamura K. Experimental Biology 2011 Washington DC

  59. 59.Theoretical calculation of body composition change after body mass reduction in humans. Nishijima R, Sonou T, Matsuda M, Muramoto T, Hirano R, Iwata M, Okamura K. Experimental Biology 2011 Washington DC

  60. 60.自転車トラック短距離競技者の推定エネルギー必要量算出のための安静時代謝量の検討. 小清水孝子、田畑昭秀、白石裕一、井上なぎさ、神山慶人、寺門厚彦、森田保夫、岡村浩嗣. 体力医学会. 2010.

  61. 61.ラットのクライミング運動はグリコーゲンを減少させないが、3週間で長母趾屈筋を肥大させる. 近藤衣美、岡村浩嗣. 体力医学会. 2010.

  62. 62.習慣的なタンパク質摂取量を増減させた時の競技者の窒素出納. 横田由香里、辰田和佳子、亀井明子、石井美子、川原 貴、岡村浩嗣. 栄養改善学会. 2010.

  63. 63.鉄欠乏食による鉄の栄養状態の悪化を軽度のエネルギー制限は増悪せず運動は軽減する。浅井烈、奥村友香、近藤衣美、松尾達博、岡村浩嗣。日本栄養・食糧学会、2010。

  64. 64.運動後の食餌タイミングと高たんぱく質食がグルココルチコイド誘発性筋萎縮に及ぼす影響。近藤衣美、小清水孝子、田井伸二、岡田佐知子、岡村浩嗣。日本栄養・食糧学会、2010。

  65. 65.Effects of a high protein diet and the timing of protein consumption after exercise on glucocorticoid-induced muscle atrophy in rats. E Kondo, T Koshimizu, S Tai, S Okada, K Okamura. EB2010 Anaheim

  66. 66.Moderate Energy Restriction Does Not Cause a Deterioration in the Iron Status Due to an Iron-Deficient Diet, While Exercise Ameliorates It. T Asai, Y Okumura, E Kondo, T Matsuo, K Okamura. EB2010 Anaheim

  67. 67.食餌たんぱく質レベルと摂取タイミングが体組成に及ぼす影響. 岡村浩嗣. 運動栄養学国際シンポジウム. 2010.

  68. 68.たんぱく質の摂取量と摂取タイミングがグルココルチコイド誘発性筋萎縮に及ぼす影響近藤衣美、小清水孝子、田井伸二、岡田佐知子、岡村浩嗣. ライフケア学会. 2009.

  69. 69.寒冷環境下で摂取する飲料の温度とカプシエイトが体温と温度感覚に及ぼす影響. 奥村友香、近藤衣美、岡村浩嗣. 日本スポーツ栄養研究会. 2009.

  70. 70.ラットの骨格筋を肥大させる運動モデルの検討. 近藤衣美、田井伸二、岡田佐知子、 廣田あゆみ、今井康貴、岡村浩嗣. 日本スポーツ栄養研究会. 2009.

  71. 71.クライミング運動によって肥大するラットの骨格筋. 近藤衣美、田井伸二、廣田あゆみ、岡田佐知子、今井康貴、岡村浩嗣. 日本栄養・食糧学会. 2009.

  72. 72.運動後のラットの食欲及び肝臓と骨格筋グリコーゲン再補充に対する運動中の酢酸摂取及び摂食中の環境温度の影響. 家治慶子、近藤衣美、岡田佐知子、田井伸二、岡村浩嗣. 日本栄養・食糧学会. 2009.

  73. 73.Effect of drink temperature and capsiate to the subjective sensation of body and ambient temperature during cold exposure. Y Okumura, E Kondo, S Tai, K Okamura. Experimental Biology 2009 New Orleans

  74. 74.Climbing exercise with a newly-developed apparatus for hypertrophy of the FHL, FDS and FDP muscle in rats. E Kondo, S Tai, A Hirota, S Okada, Y Imai, K Okamura, Experimental Biology 2009 New Orleans

  75. 75.Protein intake and nitrogen balance in male Japanese athletes. Y Yokota, W Tatsuta, A Kamei, Ku Ebi, Y Komatsu, T Kawahara, K Okamura, Experimental Biology 2009 New Orleans

  76. 76.クライミング運動はラットの長母趾屈筋、浅指屈筋及び深指屈筋を肥大させる. 近藤衣美、田井伸二、廣田あゆみ、岡田佐知子、今井康貴、岡村浩嗣. 体力医学会近畿地方会. 2009.

  77. 77.一人暮らしの学生アスリートのための簡便な朝食の検討. 岡田佐知子、岡村浩嗣. 日本体力医学会近畿地方会. 2009.

  78. 78.摂取タンパク質量の違いが競技者のタンパク質代謝に及ぼす影響. 横田由香里、辰田和佳子、亀井明子、海老久美子,上村香久子、須川佳映、小松裕、川原貴、岡村浩嗣. 日本栄養改善学会. 2008.

  79. 79.一人暮らしの70歳以上の人のための簡便な朝食の検討. 岡田佐知子、井上なぎさ、岡村浩嗣. ライフケア学会. 2008.

  80. 80.尿中尿素窒素排泄量を指標とした男子アスリートにおける1食当たりのたんぱく質摂取量の上限に関する検討. 井上なぎさ、近藤衣美、田井伸二、岡村浩嗣. 日本スポーツ栄養研究会2008.

  81. 81.一人暮らしの学生アスリートのための簡便な朝食の検討. 岡田佐知子、井上なぎさ、岡村浩嗣. 日本スポーツ栄養研究会2008.

  82. 82.消化・吸収速度の速いたんぱく質と遅いたんぱく質の組み合わせは血中アミノ酸濃度を長時間、高く維持する. 廣田あゆみ、近藤衣美、井上なぎさ、岡田佐知子、岡村浩嗣. 日本スポーツ栄養研究会2008.

  83. 83.運動後のラットの食欲及び肝臓と骨格筋グリコーゲン再補充に対する運動中の酢酸摂取の影響. 家治慶子、岡田佐知子、近藤衣美、田井伸二、岡村浩嗣. 日本栄養・食糧学会 2008(女子栄養大学)

  84. 84.メントール香料の冷感成分が運動中の自発的な水分及び糖質補給に及ぼす影響. 岡田佐知子、近藤衣美、田井伸二、岡村浩嗣. 日本栄養・食糧学会 2008(女子栄養大学)

  85. 85.急速減量と緩徐減量が減量後の若齢ラットの体組成に及ぼす影響. 田井伸二、近藤衣美、岡村浩嗣. 日本栄養・食糧学会 2008(女子栄養大学)

  86. 86.運動による筋肥大に対するたんぱく質の摂取量と摂取タイミングの影響. 近藤衣美、井上なぎさ、岡田佐知子、家治慶子、廣田あゆみ、岡村浩嗣. 日本栄養・食糧学会 2008(女子栄養大学)

  87. 87.体育系男子学生における1食当たりのタンパク質摂取量と尿中尿素排泄量の関係. 井上なぎさ、近藤衣美、田井伸二、廣田あゆみ、岡村浩嗣. 日本栄養・食糧学会 2008(女子栄養大学)

  88. 88.Effect of acetic acid feeding during exercise on appetite and glycogen repletion after exercise in rats. K Yaji, S Okada, E Kondo, S Tai, K Okamura. Experimental Biology 2008 San Diego

  89. 89.Meal with both fast and slow protein maintains high level of plasma amino acids compared to a meal with slow protein alone in rats. A Hirota, K Yaji, S Okada, E Kondo, N Inoue, S Tai, K Okamura. Experimental Biology 2008 San Diego

  90. 90.Effect of addition of menthol to a drink on voluntary fluid and carbohydrate intake during exercise. S Okada, S Tai, E Kondo, K Okamura. Experimental Biology 2008 San Diego

  91. 91.Relationship between protein intake by one meal and urinary urea excretion in young male humans. N Inoue, E Kondo, A Hirota, K Okamura. Experimental Biology 2008 San Diego

  92. 92.Post-exercise meal timing alleviates decreased protein efficiency for skeletal muscle growth in rats fed high-protein diet. E Kondo, N Inoue, S Okada, K Yaji, A Hirota, K Okamura. Experimental Biology 2008 San Diego

  93. 93.Effects of rapid or slow body mass reduction on body composition in young rats. S Tai, E Kondo, K Okamura. Experimental Biology 2008 San Diego/

  94. 94.クライミング運動がラットの骨格筋重量、筋力及び筋持久力に及ぼす影響。近藤衣美、岡村浩嗣。日本体力医学会 2007年.

  95. 95.スポーツ飲料の甘味と運動による味覚の変化。岡田佐知子、岡村浩嗣。ライフケア学会 2007.

  96. 96.High protein and branched-chain amino acid diet alleviates intestinal tract and kidney atrophy during energy restriction in rats. K Okamura, S Tai, K Hamada, M Sakurai. Experimental Biology 2007 Washington DC

  97. 97.Effect of climbing exercise on skeletal muscle weight, strength and endurance in rats. E Kondo, S Tai, H Hasegawa, K Okamura. Experimental Biology 2007 Washington DC

  98. 98.分岐鎖アミノ酸が減量時のラットの体組成に及ぼす影響。岡村浩嗣、田井伸二、濱田広一郎、桜井政夫。日本栄養・食糧学会 2006.

  99. 99.濃度の異なるショ糖溶液が運動後のラットの体水分とグリコーゲンの回復に及ぼす影響。池田香代、横田由香里、鶴見保公、田井伸二、岡村浩嗣。日本栄養・食糧学会 2006.

  100. 100.急速減量と緩徐減量が再給餌後のラットの体組成に及ぼす影響。田井伸二、鶴見保公、横田由香里、長谷川尋之、岡村浩嗣。日本栄養・食糧学会 2006.

  101. 101.溶液のショ糖濃度が運動時のラットの自発的飲用量及び生理的変化に及ぼす影響。長谷川尋之、田井伸二、鶴見保公、横田由香里、池田香代、岡村浩嗣。日本栄養・食糧学会 2006.

  102. 102.Effect of protein feeding pattern on body composition and nitrogen metabolism in young rats. K Okamura, Y Yokota, Y Tsurumi, S Tai. Experimental Biology 2006 San Francisco

  103. 103.Effect of refeeding after rapid or slow body mass reduction on body composition in rats. S Tai, Y Tsurumi, Y Yokota, H Hasegawa, K Okamura. Experimental Biology 2006 San Francisco/

  104. 104.Effect of sucrose concentration of a fluid ingested during exercise on voluntary fluid intake and physiological status in rats. H Hasegawa, S Tai, Y Tsurumi, Y Yokota, K Ikeda, K Okamura. Experimental Biology 2006 San Francisco

  105. 105.スポーツ選手のたんぱく質摂取目安量の算出方法の検討。岡村浩嗣、横田由香里、小清水孝子、柳沢香絵、樋口満。栄養改善学会 2005

  106. 106.体育系クラブに所属する大学生の食物摂取状況について。福田典子、岡村浩嗣、海老久美子、石井多樹、八木典子。栄養改善学会 2005

  107. 107.タンパク質パルスフィーディングと運動が成長期ラット骨格筋量に及ぼす影響。鶴見保公、横田由香里、田井伸二、岡村浩嗣。日本栄養・食糧学会 2005.

  108. 108.成長期ラットの筋肉量に及ぼすタンパク質摂取パターンの影響。横田由香里、鶴見保公、田井伸二、岡村浩嗣。日本栄養・食糧学会 2005.

  109. 109.ラットでは急速減量と緩徐減量で筋肉や脂肪組織の減少には差がないが、内臓の減少は急速減量で大きい。田井伸二、鶴見保公、横田由香里、岡村浩嗣。日本栄養・食糧学会 2005.

  110. 110.老化に伴う筋減弱の防止-クライミング運動とパルスフィーディング法による高蛋白質間食の効果-。松尾達博、山本三友、野崎勉、岡村浩嗣、鈴木正成。日本栄養・食糧学会 2005.

  111. 111.Exercise may decrease preference for sucrose solution in lower concentration but not in higher in rats. K Okamura, K Ikeda. Experimental Biology 2005 San Diego

  112. 112.Resistance Exercise May Not Affect Skeletal Muscle Growth In Young, Protein-Pulse-Fed Rats. Y Tsurumi, Y Yokota, S Tai, K Okamura. Experimental Biology 2005 San Diego

  113. 113.Rapid Body Mass Reduction May Not Be Associated With Greater Muscle Mass Decrease But Digestive Tract Decrease In Rats. S Tai, Y Tsurumi, Y Yokota, K Okamura. Experimental Biology 2005 San Diego

  114. 114.Protein Pulse Feeding May Not Stimulate Skeletal Muscle Growth In Young Rats. Y Yokota, Y Tsurumi, S Tai, K Okamura. Experimental Biology 2005 San Diego

  115. 115.ショ糖溶液の自発的摂取量は運動後のラットで減少する。岡村浩嗣。日本体力医学会 2004

  116. 116.急速な減量はラットの肝臓及び消化器の水分量とタンパク質量を減少させる。田井伸二 曽我部壮一 岡村浩嗣。日本栄養・食糧学会 2004.

  117. 117.甘味、塩味、酸味、苦味の閾値に対する運動の影響。岡村浩嗣、原田八千代。日本栄養・食糧学会 2004.

  118. 118.グルココルチコイド投与老化モデルラットの筋肉量に及ぼす高タンパク質間食の影響。原田八千代、曽我部壮一、岡村浩嗣、松尾達博、鈴木正成。日本栄養・食糧学会 2004.

  119. 119.ラットの甘味に対する嗜好は運動後低下する。池田香代、原田八千代、岡村浩嗣。日本栄養・食糧学会 2004.

  120. 120.Effects of rapid or slow body weight reduction on body composition in rats. S Tai, Y Harada, S Sogabe, K Okamura. Experimental Biology 2004 Washington DC

  121. 121.Tower climbing exercise with high-casein snack improves bone mass and strength in glucocorticoid-injected osteoporotic rats. T Matsuo, T Nozaki, S Gohtani, K Matsumoto, K Okamura, M Suzuki. Experimental Biology 2004 Washington DC

  122. 122.Preference for sweetness may decrease after exercise in rats. K Ikeda, Y Harada, K Okamura, Experimental Biology 2004 Washington DC

  123. 123.Single bout of exercise decreases threshold for sweet, salty and sour tastes. K Okamura, C Makimura, Y Harada Experimental Biology 2004 Washington DC

  124. 124.甘味、塩味、酸味、苦味の閾値に対する運動の影響。岡村浩嗣。日本体力医学会 2003

  125. 125.フルクトースとクエン酸の併用投与が運動後のグリコーゲン回復に及ぼす影響。原田八千代、田井伸二、岡村浩嗣。日本栄養・食糧学会 2003.

  126. 126.共役リノール酸と自発運動の併用がラットの体組成に及ぼす影響。岡村浩嗣、原田八千代、岩田敏夫、山本隆也、堤賢太郎。日本栄養・食糧学会 2003.

  127. 127.Effects Of Conjugated Linoleic Acid And Exercise On Body Fat Accumulation In Rats. Y Harada, T Iwata, T Yamamoto, K Tsutsumi, K Okamura. Experimental Biology 2003 San Diego

  128. 128.Citrate Facilitates Post-Exercise Hepatic Glycogen Repletion In Fructose-Ingested Rats. K Okmaura, Y Harada, S Tai. Experimental Biology 2003 San Diego

  129. 129.Effects Of High-Protein Snack Feeding And Light-Resistance Training On Glucocorticoid-Induced Osteopenia In Rats. K. Matsumoto, N. Cho, S. Kanehara, T. Matsuo, K. Okamura, T. Doi, and M. Suzuki. E Experimental Biology 2003 San Diego

  130. 130.Citrate Does Not Enhance Postexercise Tissue Glycogen Repletion in Fructose-Ingested Rats. K. Okamura Experimental Biology 2002 San Francisco

  131. 131.リンゴポリフェノール摂取による廃用性筋萎縮の抑制。柳沢香絵、松元圭太郎、濱田広一郎、岡村浩嗣。日本体力医学会 2001

  132. 132.運動で甘味閾値は低下する? 岡村浩嗣、滝瀬定文、川島康弘、松村新也。日本体力医学会 2001

  133. 133.Effects of apple polyphenol on oxidative stress during recovery from muscle atrophy.  K. Hamada, M. Sakurai, K. Matsumoto, F. Matsubara, K. OkamuraAmerican College of Sports Medicine 48th Annual Meeting, 2001.

  134. 134.Effect of apple polyphenol on muscle atrophy and subsequent recovery in immobilized rats.  K. Matsumoto, K. Yanagisawa, K. Hamada, Y. Kimura, K. OkamuraAmerican College of Sports Medicine 48th Annual Meeting, 2001.

  135. 135.Effect of exercise on preference and threshold for a sweet taste. K. Okamura, S. Kanehara, S. Matsumura. Experimental Biology 2001 Orlando.

  136. 136.ボート選手の呼吸循環系機能および筋力とローイング・エルゴメーター漕パフォーマンスとの関係。吉賀千恵、樋口満、松下雅雄,田畑泉、岡村浩嗣、川上靖雄。日本体力医学会 2000

  137. 137.ボート選手のトレッドミルおよびローイング・エルゴメータによる漸増負荷試験に対する呼吸循環系応答。 吉賀千恵、松下雅雄,田畑泉、岡村浩嗣、樋口満.  日本運動生理学会 2000

  138. 138.ボート選手の呼吸循環系機能および筋力と2000mローイング・パフォーマンスとの関係。樋口満、吉賀千恵、松下雅雄,田畑泉、岡村浩嗣、川上泰雄。日本運動生理学会 2000

  139. 139.Anthropometric and physiological factors in Japanese female rowers.  C. Yoshiga, T. Kawakami, M. Matsushita, I. Tabata, K. Okamura and M. HiguchiEuropean College of Sport Science. 2000.

  140. 140.Characterization of skeletal muscle in control and immobilized legs. An overview from genetic engineering. J. St-Amand, K. Okamura, M. Matsumoto, S. Shimizu and Y. Sogawa. Experimental Biology 2000, 2000. 

  141. 141.運動後の食餌摂取タイミングと食後のエネルギー消費量。岡野五郎、岡村浩嗣、鈴木正成。日本体力医学会 1999.

  142. 142.競技力向上の視点および健康増進の視点から見た「ローイング運動」。吉賀千恵、川上泰雄、福永哲夫、岡村浩嗣、樋口満。日本体力医学会 1999.

  143. 143.スポーツ栄養研究プロジェクト5-早朝運動時の蛋白質/糖質摂取効果-。松原大、岡村浩嗣、清水精一。日本体力医学会 1998.

  144. 144.スポーツ栄養研究プロジェクト2-事前のたんぱく質・糖質混合食品摂取が運動時エネルギー代謝に及ぼす影響-。藤井久雄、高橋弘彦、佐藤佑、鈴木省三、桜井政夫、土居達也、岡村浩嗣。日本体力医学会 1998.

  145. 145.New weight reduction program: combination of diet, exercise and ingestion timing of a protein supplement. T. Doi, T. Matsuo, M Sugawara, K. Matsumoto, K. Minehira, K. Okamura, S. Shimizu and M. Suzuki. Experimental Biology 98.  1998.

  146. 146.運動によるDNAの酸化的損傷とβ-カロテン投与の影響。岡村浩嗣、土居達也、桜井政夫、濱田広一郎、清水精一、満園良一、右田孝志、角田聡、片山洋子。日本衛生学会ワークショップ 1998.

  147. 147.運動と栄養摂取タイミングに関するプロジェクト研究7-ウォーミングアップ効果- 藤井久雄、高橋弘彦、佐藤佑、鈴木省三、桜井政夫、土居達也、岡村浩嗣、清水精一. 日本体力医学会 1997.

  148. 148.運動と栄養摂取タイミングに関するプロジェクト研究6-糖質の蛋白質保持効果- 濱田広一郎、松元圭太郎、峰平香緒吏、土居達也、岡村浩嗣、清水精一.  日本体力医学会 1997.

  149. 149.運動と栄養摂取タイミングに関するプロジェクト研究5-運動中の腸管蛋白質の分解- 松元圭太郎、濱田広一郎、峰平香緒吏、土居達也、岡村浩嗣、清水精一.  日本体力医学会 1997.

  150. 150.運動と栄養摂取タイミングに関するプロジェクト研究4-ヒトの体組成と安静時代謝- 土居達也、鈴木正成、松尾達博、松元圭太郎、峰平香緒吏、岡村浩嗣、清水精一. 日本体力医学会 1997.

  151. 151.運動と栄養摂取タイミングに関するプロジェクト研究3-ラットの骨形成- 岡野五郎、鈴木正成、李相直、佐藤雄二、下村吉治、村上太郎、土居達也、岡村浩嗣、清水精一. 日本体力医学会 1997.

  152. 152.運動と栄養摂取タイミングに関するプロジェクト研究2-ラットの体組成- 鈴木正成、岡野五郎、村田芳久、佐藤雄二、下村吉治、村上太郎、土居達也、岡村浩嗣、清水精一. 日本体力医学会 1997.

  153. 153.運動と栄養摂取タイミングに関するプロジェクト研究1-イヌの筋蛋白合成速度- 岡村浩嗣、土居達也、桜井政夫、濱田広一郎、松元圭太郎、清水精一、鈴木正成. 日本体力医学会 1997.

  154. 154.Effect of timing of amino acid and glucose administration after exercise on protein metabolism in dogs. K. Okamura, T. Doi, M. Sakurai, K. Hamada, K. Imaizumi, K. Matsumoto, S. Shimizu.and M. Suzuki. Second Annual Congress of the European College of Sport Science, Copenhagen, Denmark, 1997.

  155. 155.Effect of post-exercise glucose administration on the nitrogen metabolism and leucine turnover in dogs. T. Doi, K. Hamada, M. Sakurai, T. Ueno, K. Imaizumi, Y. Yoshioka, K. Okamura and S. Shimizu. American College of Sports Medicine, Denver, 1997.

  156. 156.Effect of glucose administration with amino acid before/during exercise on nitrogen retention in dogs. K. Hamada, K. Matsumoto, K. Minehira, T. Doi, K. Okamura and S. Shimizu. American College of Sports Medicine, Denver, 1997.

  157. 157.レジスタンス運動後の食餌摂取タイミングが体組成に及ぼす影響 李相直、鈴木正成、岡野五郎、村田芳久、佐藤雄二、下村吉治、村上太郎、伏木亨、土居達也、岡村浩嗣、清水精一. 日本栄養・食糧学会 1997.

  158. 158.運動後のアミノ酸・ブドウ糖の投与タイミングが筋たんぱく質合成に及ぼす影響 岡村浩嗣、土居達也、濱田広一郎、桜井政夫、松元圭太郎、今泉記代子、清水精一、鈴木正成. 日本栄養・食糧学会 1997.

  159. 159.Effect of amino acid and glucose infusion on protein metabolism during exercise in dogs. K. Matsumoto, K. Hamada, K. Minehira, T. Doi, K. Okamura and S. Shimizu. Experimental Biology 97, New Orleans, 1997.

  160. 160.Effect of timing of amino acids and glucose administration after exercise on protein kinetics. K. Okamura, T. Doi, K. Hamada, M. Sakurai, K. Matsumoto, K. Imaizumi, Y. Yoshioka, S. Shimizu and M. Suzuki. Experimental Biology 97, New Orleans, 1997.

  161. 161.Effect of meal timing in relation to resistance exercise on body composition in rats. M. Suzuki, S. Lee, T. Doi, K. Okamura and S. Shimizu. Experimental Biology 97, New Orleans, 1997.

  162. 162.Jog Mate Proteinの研究開発 松元圭太郎、岡村浩嗣、土居達也、濱田広一郎、清水精一. 第9回トレーニング科学研究会 1997.

  163. 163.Effects of acute exercise on urinary 8-hydroxydeoxyguanosine excretion levels in human. S. Sumida, K. Okamura, T. Doi, M. Sakurai and Y. Yoshioka. American College of Sports Medicine, Cincinnati, 1996.

  164. 164.Effects of repeated vigorous exercise on plasma antioxidant vitamins and urinary excretion of 8-hydroxy-2’-deoxyguanosine. T. Doi, K. Okamura, M. Sakurai, K. Hamada, Y. Yoshioka, T. Migita, R. Mitsuzono and S. Sumida. American College of Sports Medicine, Cincinnati, 1996.

  165. 165.DNAの酸化的損傷と脂質過酸化に及ぼす一過性の疲労困憊運動の影響 角田聡、岡村浩嗣、土居達也、桜井政夫、吉岡康幸. 日本運動生理学会 1996.

  166. 166.超持久運動におけるアミノ酸代謝変動と疲労状態の把握について 松原大、岡村浩嗣、下光輝一、勝村俊仁、小田切優子、岩根久夫. 日本ストレス学会 1995.

  167. 167.高強度運動の反復が陸上選手の生体に及ぼす影響 土居達也、桜井政夫、濱田広一郎、岡村浩嗣、吉岡康幸、満園良一、右田孝志. 日本体力医学会 1995.

  168. 168.DNAの酸化的損傷に及ぼす一過性の運動とβ-カロテンの影響 角田聡、岡村浩嗣、土居達也、桜井政夫、吉岡康幸. 日本体力医学会 1995.

  169. 169.ラット肺胞マクロファージ機能に及ぼす運動トレーニングの影響 沖島直子、森口覚、岸野泰雄、角田聡、岡村浩嗣、土居達也. 日本体力医学会 1995.

  170. 170.一過性運動に伴う細胞性免疫能低下に対するβ-カロテン投与の影響 森口覚、沖島直子、岸野泰雄、角田聡、岡村浩嗣、土居達也. 日本体力医学会 1995.

  171. 171.疲労困憊運動がDNAの酸化的傷害に及ぼす影響 角田聡、岡村浩嗣、土居達也、井垣京子、吉岡康幸. 日本運動生理学会 1995.

  172. 172.運動選手のDNA損傷に対する抗酸化栄養素の効果 岡村浩嗣、井垣京子、土居達也、濱田広一郎、吉岡康幸、岡野五郎、村田芳久、下村吉治、屋代正範、上田真寿美. 日本運動生理学会 1995.

  173. 173.アルギニン・フルクトース・クエン酸混合物の運動中の摂取がビーグル犬の骨格筋での脂肪酸取り込みと肝臓および骨格筋のグリコーゲン消費に及ぼす影響 濱田広一郎、井垣京子、岡村浩嗣. 日本運動生理学会 1995.

  174. 174.ヒトの一過性運動に伴う細胞性免疫能低下に対するβ-カロテン投与の影響 沖島直子、森口覚、岸野泰雄、角田聡、岡村浩嗣、土居達也. 日本体力医学会四国支部会 1995.

  175. 175.長時間運動におけるアミノ酸代謝変動と感情、気分の変化について 松原大、岡村浩嗣、下光輝一、勝村俊仁、小田切優子、岩根久夫. 日本ストレス学会 1994.

  176. 176.β-カロテン含有飲料摂取がトライアスロン選手に及ぼす影響 土居達也、岡村浩嗣、高波嘉一、勝村俊仁、川合ゆかり、岩根久夫. 日本体力医学会 1994.

  177. 177.DNAの酸化的傷害に及ぼすβ-カロテンの影響 角田聡、岡村浩嗣、土居達也、井垣京子、吉岡康幸. 日本体力医学会 1994.

  178. 178.運動中に摂取する果糖飲料の効果 井垣京子、土居達也、濱田広一郎、岡村浩嗣、満園良一. 日本体力医学会 1994.

  179. 179.陸上長距離選手におけるβ-カロテン含有スポーツ飲料摂取の影響 土居達也、井垣京子、濱田広一郎、吉岡康幸、岡村浩嗣、満園良一、右田孝志. 第43回九州体育学会 1994.

  180. 180.長時間運動時の果糖摂取の影響 岡村浩嗣、土居達也、井垣京子、村瀬昌子、満園良一、鈴木正成 日本体育学会 1993.

  181. 181.アルギニンが運動後の肝臓および筋肉グリコーゲン回復におよぼす効果 濱田広一郎、岡村浩嗣、渡邉信孝、井垣京子、土居達也、村瀬昌子、鈴木正成. 日本体力医学会 1993.

  182. 182.運動前、運動中に摂取する果糖飲料の影響 岡村浩嗣、岩永光一、土居達也、井垣京子、南忠男、村瀬昌子、桜井政夫、満園良一、鈴木正成. 日本体力医学会 1993.

  183. 183.Hormonal and metabolic effect of central neuroglucopenia. K. Eltyeb, H. Hourani, K. Okamura, R. Naukam, N. Abumrad, and P. Williams. International Diabetes Federation Congress, 1991.

  184. 184.The fixation of CO2 by the liver, gut, kidney, and hindlimb in vivo. K. Okamura, L. Wentzel, P. Williams, and P. Flakoll. International Diabetes Federation Congress, 1991.

  185. 185.Hyperaminoacidemia promotes insulin resistance in depanchreatized dogs through decreased responsiveness. P. Flakoll, P. Williams, L. Wentzel, K. Okamura, N. Abumrad. Annual Meeting of The American Diabetes Association, 1990.

  186. 186.超持久運動(琵琶湖トライアスロン)が脳波に及ぼす影響について 松原大、岡村浩嗣、平京子、岩根久夫、下光輝一、勝村俊仁、高波嘉一、石井ユリ子. 日本体力医学会 1989.

  187. 187.Effect of ultra-endurance exercise on plasma branched chain amino acid/aromatic amino acid ratio in humans. K. Okamura, F. Matsubara, Y. Yoshioka, H. Kohri, H. Iwane, T. Shimomitsu and T. Katsumura. The 7th International Biochemistry of Exercise Conference, 1989.

  188. 188.長時間運動による分岐鎖アミノ酸/芳香族アミノ酸比の低下と中枢機能 岡村浩嗣、菊地範昭、菊地優子、郡英明、岩根久夫、下光輝一、勝村俊仁、高波嘉一、石井ユリ子. 日本体力医学会 1987.

  189. 189.糖質食あるいは脂肪食を長期間摂取したラットにおける持久運動中のエネルギー代謝とグリコーゲンローディングの効果 岡村浩嗣、菊池範昭、田口優子 日本体力医学会 1986.


Exercise Nutrition Laboratory, Osaka University of Health and Sport Sciences