著 書

  1. 1.親子で学ぶスポーツ栄養(柳沢香絵・岡村浩嗣編著)八千代出版 2013

  2. 2.An Overview of the Influence of Protein Ingestion on Muscle Hypertrophy. Koji Okamura. In Nutrition and Enhanced Sports Performance. Muscle Building, Endurance, and Strength. ed by D Bagchi et al. pp. 415-421. Elsevier 2013

  3. 3.からだづくりとタンパク質・アミノ酸サプリメント(岡村浩嗣)、『サプリメントのほんととウソ』 (下村吉治編集)、pp. 71-91、有限会社ナップ、2013年。

  4. 4.ジムに通う人の栄養学 スポーツ栄養学入門(岡村浩嗣)講談社ブルーバックス 2013年 現代ビジネス記事 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/35300 日刊ゲンダイ著者インタビュー http://gendai.net/articles/view/book/141857

  5. 5.市民からアスリートまでのスポーツ栄養学(岡村浩嗣編著)、八千代出版、2011

  6. 6.スポーツ医学研修ハンドブック(川原貴編)、5. 運動と栄養・食事・飲料、 pp. 43-50 文光堂 2011.

  7. 7.スポーツ・運動生理学概説(山地啓司他編著)、第7章 エネルギーと身体の源(岡村浩嗣)、pp 121-141、明和出版、2011

  8. 8.スポーツ現場に生かす運動生理・生化学(樋口満 編著)、12章 運動によるタンパク質代謝と生化学的指標(岡村浩嗣)、pp 122-131、市村出版、2011

  9. 9.運動生理学のニューエビデンス(宮村実晴編集)、Section 7 運動と代謝、タンパク質(岡村浩嗣)、pp 170-178、真興交易株式会社医書出版部、2010

  10. 10.栄養と運動医科学 、第3章 スポーツ栄養 pp 55-83、樋口満、岡村浩嗣、田口素子、建帛社、2010

  11. 11.栄養の視点からみた種目別区分の考え方(岡村浩嗣)、臨床スポーツ医学: vol 26, 臨時増刊号、pp 274-280. 2009

  12. 12.スポーツ医学(共著)、2章スポーツと健康管理、Bスポーツと栄養(岡村浩嗣)、pp. 8-13、南江堂、2009.

  13. 13.砂糖の事典 第4章 1砂糖とからだ(岡村浩嗣) pp 194-208, 東京堂出版, 2009

  14. 14.健康運動指導マニュアル、佐藤祐造他編集、V 2 栄養素の種類と役割(岡村浩嗣)、pp 258-264、文光堂、2008 

  15. 15.スポーツで用いられるサプリメント(岡村浩嗣)、臨床スポーツ医学、Vol. 24臨時増刊号、文光堂、2007

  16. 16.新版コンディショニングのスポーツ栄養学、樋口満編著、10章「サプリメントとエルゴジェニックエイド」(岡村浩嗣)pp. 127-137、市村出版、2007

  17. 17.スポーツ・運動栄養学、加藤秀夫・中坊幸弘編、運動種目別の栄養管理(岡村浩嗣)、pp. 80-85、講談社、2007

  18. 18.テニス教本、日本テニス協会編、第2章3、テニスの栄養・食事学(岡村浩嗣)、pp. 47-55、大修館書店、2005

  19. 19.運動生理学、山本順一郎編、「スポーツと栄養、運動時の栄養補給水分、糖質、電解質」(岡村浩嗣) pp. 117-123、化学同人、2005

  20. 20.運動生化学ハンドブック、分担翻訳(第8章、アミノ酸代謝(岡村浩嗣)pp. 153-165)、ナップ、2004

  21. 21.エクササイズ、疾病予防のための運動、分担翻訳(第7章、カロリーバランスと消費(岡村浩嗣)pp. 59-69)、エルゼビア・ジャパン、2004

  22. 22.Nutrition-exercise regimen for effective skeletal muscle protein synthesis. In Exercise, Nutrition, and Environmental Stress ed. H Nose et al. Vol.3 , pp. 223-245, Cooper Publishing Group. 2003

  23. 23.バドミントン教本、選手への栄養面のサポート(岡村浩嗣)、 pp. 210-233、 ベースボールマガジン社2003年

  24. 24.新運動生理学、宮村実晴編、「アミノ酸・たんぱく質代謝」(岡村浩嗣)pp. 207-218、真興交易(株)医書出版部 2001

  25. 25.アスリートのための栄養・食事ガイド、小林修平編著、pp. 55-58(岡村浩嗣)、第一出版、2001

  26. 26.スポーツ栄養学、樋口満編著、pp. 23-35, 47-58, 103-111(岡村浩嗣)、市村出版、2001

  27. 27.Thermal Stress and Water Supplementation. T. Doi, K. Okamura, Y. Sogawa, F. Matsubara, M. Sakurai and T. Morimoto. In: Thremotherapy for neoplasia, inflammation, and pain, edited by M Kosaka et al. Springer-Verlag: Tokyo, Japan, pp. 74-80、2000.

  28. 28.身体運動・栄養・生命環境科学Q&Aシリーズ「栄養と運動」、伏木亨他編、pp. 36-37(岡村浩嗣)、杏林書院、1999

  29. 29.「栄養と運動と休養」6運動と健康(2)運動を支える栄養(岡村浩嗣、清水清一)、飯尾雅嘉他編、pp. 113-134光生館、1999

  30. 30.活性酸素と運動 -しなやかな健康と長寿を求めて、井上正康編著、運動支援食品設計(岡村浩嗣)、pp. 291-296、共立出版、1999

  31. 31.Effect of the timing of protein ingestion after exercise on skeletal muscle protein synthesis. S. Shimizu, T. Doi, K. Hamada and K. Okamura. In: The 1997 Nagano Symposium on Sports Sciences, edited by H. Nose et al. Carmel IN USA: Cooper Publishing Group, 1998.

  32. 32.健康・スポーツの生理学、第8章 内分泌系 pp 88-100、第10章 代謝 pp. 110-123(岡村浩嗣)、建帛社、1996


その他

  1. 1.スポーツ栄養学の視点を取り入れた商品開発 岡村浩嗣 食品と科学 59: 59-65, 2017.

  2. 2.<対談>スポーツ栄養(2)食生活研究 37 (3): 41-50, 2017.

  3. 3.<対談>スポーツ栄養(1)食生活研究 37 (2): 37-43, 2017.

  4. 4.気をつけたいシニアの食事と運動 岡村浩嗣 もも百歳 113: 18-19, 2016.

  5. 5.アスリートにおけるたんぱく質摂取のあり方 岡村浩嗣 体育の科学 65: 777-82, 2015. 杏林書院

  6. 6.突撃!研究室訪問「スポーツ栄養の理屈を解明する」 コーチング・クリニック 2015年4月号 p. 83-85 ベースボールマガジン社 

  7. 7.タンパク質サプリメントの功罪 岡村浩嗣 体育の科学 65: 28-33, 2015. 杏林書院

  8. 8.アスリートの栄養・食事 岡村浩嗣 FOOD STYLE 21 18: 43-46, 2014 食品化学新聞社

  9. 9.「筋肥大には高タンパク食」は正解!? 岡村浩嗣 トレーニングマガジン 34: 26-27, 2014. ベースボールマガジン社

  10. 10.高タンパク食は運動による筋肥大に有効とはいえない 岡村浩嗣 コーチング・クリニック 2014年9月号 pp 30-33 ベースボール・マガジン社

  11. 11.朝ごはん大研究 PART 4 主食&主菜に牛乳・ジュースで意外と悪くない朝食 岡村浩嗣 コーチング・クリニック 2013年8月号 pp 18-21 ベースボール・マガジン社

  12. 12.アスリートのたんぱく質栄養の考え方 岡村浩嗣 栄養・評価と治療 30: 36-38, 2013.

  13. 13.スポーツ栄養学講座11 学内の食環境を考える 岡村浩嗣 櫂15号(2012)大阪体育大学

  14. 14.栄養素としての運動 岡村浩嗣、本 読書人の雑誌 2013年4月号 pp 30-31 講談社

  15. 15.砂糖とスポーツ 岡村浩嗣 砂糖類・でん粉情報 2012年12月号 pp. 8-10

  16. 16.スポーツ栄養学講座10 スポーツ栄養に関するIOC(国際オリンピック連盟)の合意声明2010 岡村浩嗣 櫂14号(2011)、大阪体育大学

  17. 17.サプリメントの考え方/月刊陸上競技2011

  18. 18.スポーツ栄養学講座9 食事と運動による体重管理と健康 岡村浩嗣、櫂13号(2010年)、大阪体育大学

  19. 19.メタボ対策ー栄養と運動の組合せ. 岡村浩嗣. 検査と技術37: 1446, 2009.

  20. 20.砂糖とスポーツ 岡村浩嗣 砂糖類情報 2009. 12. 35-37, 2009.

  21. 21.スポーツをする人のサプリメント. 岡村浩嗣. 食生活 vol 103, 56-59, 2009.

  22. 22.スポーツ栄養学講座8 エネルギーバランスと栄養素のバランス 岡村浩嗣、櫂12号(2009年)、大阪体育大学

  23. 23.たんぱく質栄養と運動/Health & Meat 07

  24. 24.たんぱく質栄養と運動。岡村浩嗣。肥満を科学する。財団法人日本食肉消費総合センター、84-87, 2008

  25. 25.スポーツ栄養学講座7 意外と悪くない朝食 岡村浩嗣、櫂11号(2008年)、大阪体育大学

  26. 26.運動・スポーツ栄養と砂糖。岡村浩嗣。季刊糖業資報、175: 7-14, 2007.

  27. 27.スポーツで用いられるサプリメント/臨床スポーツ医学2007

  28. 28.大阪体育大学学生の体力を測る。平成17年度体力測定結果、中野尊志、鶴池政明、岡村浩嗣。大阪体育大学紀要、37: 118-123, 2006.

  29. 29.大阪体育大学学生の体力を測る、平成16年度体力測定の学年別・運動所属別集計結果、岡村浩嗣、平野亮策、中井俊行、豊岡示朗、大阪体育大学紀要、36: 137-144, 2005.

  30. 30.スポーツ栄養学講座6 エネルギーと栄養バランス 岡村浩嗣、櫂10号(2005年)、大阪体育大学

  31. 31.スポーツ栄養学講座5 スポーツ栄養に関する国際オリンピック委員会の声明2003。岡村浩嗣、櫂9号(2004年)、大阪体育大学

  32. 32.大阪体育大学学生の体力を測る、平成14年度体力測定の学年別・運動所属別集計結果, 岡村浩嗣、浅井正仁、豊岡示朗、中井俊行、淵本隆文、吉田精二、大阪体育大学紀要、34, 107-114, 2003.

  33. 33.スポーツ栄養学講座4、ミネラル栄養、岡村浩嗣、櫂(大阪体育大学)第8号、53-60, 2003.

  34. 34.スポーツ栄養学講座3、スポーツにおけるサプリメントとErgogenic aids(運動能力増強食品)、岡村浩嗣、櫂(大阪体育大学)第7号、66-72, 2002.

  35. 35.大阪体育大学学生の体力を測る、平成13年度体力測定の学年別・運動所属別集計結果、吉田精二、淵本隆文、中井俊行、浅井正仁、岡村浩嗣、滝瀬定文、川島康弘、木谷法子、豊岡示朗. 大阪体育大学紀要 33: 47-55, 2002

  36. 36.スポーツ選手のための栄養学講座2、スポーツ時の飲料に必要な機能、岡村浩嗣、櫂(大阪体育大学)第6号、53-62, 2001.

  37. 37.スポーツ選手のための栄養学講座、岡村浩嗣、櫂(大阪体育大学)第5号、74-83, 2000.

  38. 38.平成11年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告、No. X スポーツ選手に対する最新の栄養・食事ガイドライン策定に関する研究、第3報「アジア大会出場選手を対象とした合宿期の食事摂取状況」亀井明子、鈴木久乃、小林修平、川野因、高戸良之、杉浦克巳、岡村浩嗣、樋口満、石井恵子、田口素子、富松理恵子、柳沢香絵、山田優香、内丸仁2000.

  39. 39.平成10年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告、No. IX スポーツ選手に対する最新の栄養・食事ガイドライン策定に関する研究、第2報「アジア大会出場選手を対象とした合宿期と日常期の「食」生活一般調査」川野因、小林修平、鈴木久乃、高戸良之、杉浦克巳、岡村浩嗣、樋口満、石井恵子、亀井明子、田口素子、富松理恵子、柳沢香絵、山田優香、内丸仁1999.

  40. 40.平成9年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告、No. IX スポーツ選手に対する最新の栄養・食事ガイドライン策定に関する研究、第1報「学生・社会人・プロ選手の食生活、食生活ガイドライン作成のための実態調査」川野因、岡村浩嗣、杉浦克巳、鈴木久乃、高戸良之、浜岡隆文、光田博充、樋口満、小林修平、石井恵子、亀井明子、田口素子、富松理恵子、柳沢香絵、山田優香、森部昌広1998.


Exercise Nutrition Laboratory, Osaka University of Health and Sport Sciences

 

著書

Books